お問合わせメール

執筆中・取材時に撮った楽しい映像を
今後こちらのサイトにて発表します!


ときどきメール送りま〜す
メールアドレス

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES

リンク用バナーですよろしくね
沁園(台北・プーアル茶・凍頂烏龍茶の専門店)
台北沁園の中国茶

CATEGORIES
発表しまーす!

妊娠しています。
五ヶ月と2週目。
つわりがひどかった以外、順調です。
今もまだつわりが少しあって
ホルモンバランスの関係か偏頭痛がしますが
胎児は問題なしの高齢初産挑戦中。
便秘はひどいですがほっといています。
放っておくとおなかが大きくなり
ブツが出ると服を来ているとまだ他人からは分からないサイズになります。
うんちは子供よりたくさんみたいです。

8/29からsuming Japan tourで苛酷に動き回ります。
それでなくても4週目くらいから飛行機、新幹線乗りまくりで
馬祖、金門、東京、台南、大阪にいきました。
びくびくしない妊婦をやっています。

妊娠発覚と同時に、

つわりがうっすらある中
Frauと7/30に共著でだした台湾本「最好的台湾」の追加取材が
始まって、その本の原稿書きとゲラのチェック。
つわりピーク時にゲロゲロで
寝たきりで水も飲めずに、動けないのに
ベッドで山のような食べ物の写真と文を見ていました。
だからすごくFrauチームには迷惑をかけました。

続いてバタバタでCREAの占い特集の取材。
なんとか起きられるようになった時で
台南なんてタクシーの中で寝ながらという、、。

本当にみんなの優しさに支えられました。
つわりが化学薬品の投与でもされたかのような
具合の悪さだったから、世の中の母を尊敬します。
吐き気、猛烈な寒気、頭痛、だるさ、食欲ゼロ
水分もとれない、胃痛等々。恐るべし人体の不思議。

という事で、目をつかっちゃいけないので
ブログが減っていましたが
ここ数日は目を使う仕事が少ないので書いています。

台湾で産みます。
自然なお産ができるのか、助産師さんを軽く探しましたが
高齢×初産の日本人が安心できる人はなさそうです。
布おむつで育てるつもりですが、
これまた台湾では皆無みたいで、
古代人のようだと驚かれました。
35歳過ぎたら羊水検査も当然のようで、
断ると周りから驚かれました。
日台の妊娠出産事情大分ちがいますね。

昨日は、日本で育った台湾人の黄伶俐さんと旦那さんが開く
TeTe Therapy でマタニティーマッサージを習ってきました。
これで、スミンツアーの長旅も乗り越えられそうです。
TeTe Therapyは、日本語もばっちりで、整体とかエステとかレイキとか
いろんな物を取り入れているすごく良い所なのででまたじっくり
紹介します。

ラジオ樂樂台湾のほうは、妊婦DJとして
台湾妊婦事情を公開しつつ
ギリギリまでしゃべりまくります。

おなかの中で人間を作っていますが
今後ともよろしくお願いします。


| 最近の私 | 10:20 | comments(19) | - |
あはあはあは!台南
 

台南に住みたいです。台北は雨ばかり。台南はほぼいい天気!
この木なんの木気になる木。
台南成功大学の木。
がじゅまる。デカい。昭和天皇が植樹した幸せの木。

ラジオ楽楽台湾の収録で台南に行きました。
ラジオでは伝えられないこぼればなしの巻き〜。


ラジオ収録から離れ、
オーガニックや自然農法を求めて小さな有機市場に行ったとき
骨太精神でつくられてそうな米を発見。

『台南でつくっているの?』と言う質問に
『そう、子供たちがやっているんだよ。』
『行ってみたい』というと、
『結構不便だけど車なら是非どうぞ〜。』

本気にしてそのまま遊びにいくと、そこは教会が運営する農場。
しかも、沖縄のem農法&こどもの労力をばりばりに使った幸せ農園。
子供も大人もみんなそこで暮らしていました。
強制労働ではなく、教育の一環での農業。
ほぼ自給自足の生活?っぽい。
お昼の時間にお邪魔したので機もせずお昼をごちそうになった私たち。
全部無農薬。全部手作り。やさしい味つけのご飯たち。
写真にはないけど17歳のパン作り名人のパンもおいしかった。
ピザもうまかった。


次の日。
市場で珍しい食材を買うと、
今回のメンバーで沖縄でこだわり自然農法の島野菜ベジレストラン、
浮島ガーデン 女主人の直子氏が腕を振るうということで
急遽、謝宅の小五の事務所をキッチンとして貸してもらいました。

あるもので日台料理交流会を開始。


小五の事務所はおもしろい。いろんなものが宝物。



料理が着々と作られていく中、待ちきれず
我が家のブーちゃんは、近所をぶらぶら。

『50元で髪の毛切れる店あるよー。50元ちょうだい。』


50元もらって、うれしそうに散髪。
写真は散髪後。
掃除機で毛をすわれています。


リアルな家庭用掃除機で吸うんですよ。


戻ると正興街の小五のカフェ、
IORI TEA HOUSEの後ろにある
台湾のお米を食べる為のお店、
小満のお母さんとお嫁さんがやってきて
直子氏と交流開始。


ここで前日ごちそうになった
小満の台湾ソウルフードムスビを紹介。

左から
虱目魚(サバヒー)のおむすび/酸菜のおむすび/黒豚の腸詰めむすび

他にもご飯に合うおかずがどしどし出てきます。


そして、料理に邪魔な私たちはまた近所を放浪。
台中からやってきた、
かっこいいアンティークアクセサリーの店、
retrogarde/別寓にお邪魔。
「オーイ起きてるか〜」
と階下から襲撃。
小五の事務所の近くにはおもろい物がいっぱい。
撮りわすれたけど亀と獅子と鳥が合体した猛獣の絵が書いた寺もあった。


主人を叩き起こし、中を拝見。オシャレー。
もちろん台南の古い建物を改装してのショップ。
古いアクセサリーをお手頃価格で売っています。


このセンスの主。
台湾のお茶なんかも煎れてくれる若者(以外といないのよ)
で、細やかで素敵でした。


お米対決では、同じ材料を使った日台交流。
芋頭の炊き込みご飯。
左が日本代表。右が台湾代表。
同じ材料でもお味はそれぞれ!
どちらもおいしいー。
おかげで米の食べ過ぎになりました。


樂樂台湾チーム+小満チーム+別寓ー(マイナス)小五。
*場所を提供した小五、ちょろちょろしてて、直ぐ消えるから撮影時不在。

記念撮影でハッピーに終了しました。

この他の目玉ネタは1月末〜の樂樂台湾に登場してきます。
すごく濃厚な台南でした。
台南のみなさまありがとう〜
ドキュメンタリーとっておけば良かった
ちゅーほど濃かったぜ!





| 最近の私 | 18:03 | comments(9) | - |
あうあう
 11月お休みとっていましたら
ブログが消えていました。
また頑張りますのでよろしくお願いします。

| 最近の私 | 01:18 | comments(2) | - |
8月後半のこと。九州でのイベントこと。

お茶マダム小慢のお店、小慢の新しい軽食メニュー。
潤餅(るんびん)、台湾風春巻きです。
いろんな具材を自分でクルクルしてたべるのが美味しい。
屋台以外で食べられる所無いんで、上品な空間でサッパリランチで
嬉しかったです。これから定番になるそうですよ。
ランチにいったついでに樂樂台湾のインタビューをしてきました。
先週流れちゃったけど、小慢の流暢な日本語が放送されました。 

     

     青木巻き(私が巻いたという意味)
        旨い〜旨い〜旨い〜

     小慢のお店の素敵さはこちらから。

   
   
  そのあと、原住民の歌王子suming先生と九州へ。
  台湾観光局のイベントでした。
  福岡、熊本、鹿児島どこもたくさんの人に来てもらって
  感謝感激です。ありがとうございました!
  福岡は500人程申し込みいただいたのに、120人と 
  当日の立ち見の方のみになってしまいました。
  ごめんなさい。私たちもそれを知ってとても残念でした。
 
  上の写真は福岡で一風堂の図。
  店の入り口にたくさんの台湾人いましたよ。
  トッピングが豊富で、王子一番のお気に入りは
  ニンニク自分で潰していれるやつ。
  喜んで5粒くらい入れていたような気がします。

  
  ゴミ箱を持っているのが、25日のスミンの日本メンバー。
  くりりんです。福岡会場ではゴミ箱じゃなくて、カホンで
  共演してくださいました。
  ホテルのお部屋でゴミ箱叩いて音合わせの図。

  
 
  福岡から速攻熊本へ移動。
  ウッディーな内装の九州新幹線に飛び乗って
  中華航空の九州支店長、ベッカム曾先生と間にあったの図。

   
  熊本では一瞬、前に私たちをイベントに読んでくれた
  若菜ちゃんと景さん、このDMをデザインしてくれた
  アプアロットの古庄さんと井上さんにも再会。
   
  

  鹿児島の応援団。鹿児島在住の台湾の方達にあったかいご飯会に
  招待されましたの図。スミン言葉が通じるので嬉しそうでした。

  

  一日、鹿児島でオフができて、sumingのドキュメンタリーを
  撮った写真家の若木信吾先生と森本小姐と食べ歩きしましたの図。
  名物両棒餅、ジャンボ餅って読むらしいです。

  
  
  かわいいカフェにもいきました。森本小姐のおごり。謝謝!
 
  

  港で定食なんか食べました。
 
      

     グッドネイバーズというカフェで
     こんな本を紹介されました。こんな故郷本のある 
     鹿児島がうらやましい。うらやましい。
     
   
  
  その故郷を愛して鹿児島発のフェスを立ち上げた、
  ダブルフェイマスの坂口さんを拝みにいきました。
  そのイベントグッドネイバーズジャンボリーに強い憧れを
  抱いてしまったsuming先生と坂口さん、私の図。
  自分の故郷 都蘭でこんなのやりたいって。

   日本にどんどん友達の輪を広げている、suming先生。
   10/6に東京青山でソロライブします。
   10/7に東京吉祥寺でトークライブします。
   10/8に東京青山で台湾イベントに出ます。

  宣伝隊長の青木が、宣伝追っ付いていません。
  みなさまもご近所お誘い合わせの上お越し下さい。 
  生まれて初めて、
  東京で一人できちんとしたライブハウスで力試し。
  応援よろしくお願いします。

  詳しくはこちらから。
   
                    もりもり。


| 最近の私 | 01:16 | comments(2) | - |
季節が変わるとウマイものと質問。教えて。

台湾はプチトマトが果物のカテゴリーに入れられている。
いろんなプチトマトがあるのも嬉しい。
温室とか、なんとか書かれたちょっと高いやつは
果物のようにうまい。
粒が尖っていてすこし高価。
普通のプチトマトも十分ウマイので
この時期のウキウキにどうぞ。


あと、緑竹筍という種類のタケノコ。
渋みがなく水水しい。
市場に行って、どうやって選ぶか聞いたら
「短くても曲がっていて底面がデブなやつ」
と言われた。
しかも、「皮つけたまま蒸せ」
とも言われた。電気鍋で。
蒸した後に剥いて洗っておけば
冷蔵庫で3週間はキープできるそうで
言われた通り試してみた。
日本では足が速い、と有名な筍。
(腐りやすいという意味ね)
一週間で食べ切ったけど全く問題なかった。
因に筍は、北海道でいただいた
蝦夷ワサビで食べました。

もう、マンゴーもライチも市場で待ってるよ。
パイナップルだって関廟のが出てるよ。
パイナップルなんて芯にすごい消化酵素があるので
食べ過ぎたら食べると苦しさ真っ先に半減。
某雑誌で取材チームで食べ食べ地獄を
みんなでこれで逃げ切った実証済み。


料理したものより素材に注目しています。
キャベツだってウマいの。
蒸したり茹でただけでウマいの。
調理したものも毎日食べてる。
ウマいの分ってるけど油ないの食べたいんですよ。

そんな台湾ですが、こうやってなんかの季節になると
あー。今みんな来たらいいのに。と思うのです。
が、今はすぐ、は、まず無理ですよね。
会社勤めの方って一体どれくらい前に
旅行に行こうと薄っら決めて
会社に休みを取ったりするんでしょう。
2〜3ヶ月は必要なのかな?
後学の為に教えてください。
そしたら何かあったら時間差し引きして情報流します。
もしくはなんかやるときも参考にします。
教えてください。

と、いいつつ。
6月号のANAの機内誌。
翼の大国台湾鉄道弁当大特集。
後数日だけど飛行機のってください。





| 最近の私 | 15:32 | comments(13) | - |
花蓮旅行*第三天
 
すごい間が空きましたが花蓮一人旅続きです〜
泊まった民宿が街から外れているので
三日めは昼間すぎまでゴロゴロ。
宿で自転車を借りて口を空けて海岸線を走りました。
4・5キロ走ります。
ふんふんふん〜 すごい快適!


ときどきオブジェが出てきます。
流木でできた小屋。原住民系。


駐車場にもオブジェ。味わい系。


よく見ると三蔵法師さまとサル、豚とナントカ。


その隣になぜかパンダ。


なぜかゴリラ。


目的地までは、住所もない道なので
みんな道路のはじの数字を見て走ります。
500mずづ書いてあるので便利。
びゅんびゅん快適。


目的地、海角工作室に到着。
「流木でなんか作ってる人が住んでいるから行ってみたら?」
と人に言われ出かけてきたのですが、
ボーッとしてるより、「やることがあった方がマシかな?」
程度のノリで訪問。



サイクリングだけで大満足していたところに
檜の香りがぷんぷんで、癒されました。
工作所の中には、石や切りカブがありました。
檜のテーブルや家具、お皿、何に使うのか
分からないものが、ここの主の作品で商品です。


手前:お皿
後ろ:何に使うのか分からないもの



主はこの方。黄さん。
一人で海辺に住んでいるだけあって哲学者でした。
流木作家です。
木のことに詳しい。
削っては、香りを私に嗅がせてくれました。

性格もねじ曲がっているのでおもしろい。
これからの刑罰は『一日携帯使っちゃダメ』
にしたらみんな苦しむよな。
とかそんなことばっかり一人でべらべら言っていました。
一人旅にはちょうどいい人見知りのなさ、助かりました。


檜とか高級な木を薪にして火をおこしてティータイム。
火をみたり浴びたりするのはたまには必要です。
落ち着くし興奮もする。やった方がいい。


花蓮1ウマイチーズケーキ&コーヒー
チーズケーキは本当にうまかった。また食べたい。
コーヒーは私は飲まないのでよく分からないのですが
フラスコのような化学実験セットみたいので黄さんがいれてくださった。
ぽこっと来た私に、むかしからの知り合いが来たような
サラッとしたホスピタリティーは素敵で沁みました。


続いてどっかからもらってきたと言うバナナ。
芭蕉(バージャオ)といい、もちもちで酸味がありウマイ。

いくらでもあるから、いくらでも食べろ! by黄さん

私は頭が一人モードで全然黄さんに調子を合わせて
いつも程盛り上がらなかった私なのに
ひごろ、全然運動をしていないけど真っ平らな道で
往復9キロは以外と楽勝でした。
宿に戻ってボケッとして20分も立たないうちに
ご飯を食べようと黄さんとそのお友達からお誘い。
一人だと聞いて心配してくれました。
台湾人はあったかい。
ちっとも寂しくない、
気持ちいいことばっかりの3泊4日一人旅でした。

実はこれは
花蓮一人旅をサポートする人たちに
すすめられていって来ました。
バックパッカーではなく、
一人になってユックリしたい
疲れをとりたい人に
花蓮の自然、人に触れてボケ〜ッとすしてもらおうという
企みでした。

旅行会社ではない、地元の人と触れ合う旅。
興味を持ったらHPをみてみてください。
この旅に私もちょろっと登場します。

花蓮一人旅といいます、女性向け。




















| 最近の私 | 16:06 | comments(2) | - |
花蓮一人旅*第二~三天!
 

二日目。
天気がいい!
ので、太魯閣の歩道を往復9キロずんずん歩く。
砂卡礑遊歩道。

坂道もなく、歩きやすい。
自分のペースはシャッシャッと歩く。
4時間近くかかるとか言われたけど
休憩しても2時間10分で往復完了。
爽快!

このトレッキングでは、ちょっと太魯閣を見直した。
いつもの観光バスを下ろされて、一部バスも通る道を
歩き見る渓谷は知っていたけど
もっと下におりた渓谷寄りの歩道散策は初めて。
角度を変えて見るって、やってみないと分からない。


水の色が、バスクリンのよう。
前日の雨もあって、木々の吐き出す酸素がムンと湿気っぽく
でも汗ばむ程ではなく、
500ミリのお水がちょうど良く飲み終わりました。
山の天気は変わりやすく、シトシト雨が降ってきて
ガスった山やぬれた大きな石が別の景色に早変わり〜。
晴れを知っているから楽しめた濡れ化粧ですね。

その後は、海辺の方の花蓮を楽しむため宿移動。
街を離れる前に、気分転換にシャンプーをして
(花蓮は130元!台北は安くても150元)
へんぴな所なので食材を買い込むようにいわれ
花蓮の台所、黄昏市場へ。


ここは、奥の方に原住民の野菜が売っているのが面白い。
しかし、原住民系野菜は食べ過ぎると、
よく出たり、よく眠れなくなったりする。
これは前回実験済み。

午前中のトレッキングで人の言うことを聞いて
買い込んだ食材がちょっと邪魔だった事を気にして
今回は、あまり買い込まずに海の方へ移動。

海辺の宿にチェックイン。
ビールを飲んでメールチェックして
本を読みながら早めに寝た。
自分を甘やかすボケッと旅。
なので、昼まで、起きたり寝たりしてしまった。

久しぶりによく寝られた!









| 最近の私 | 22:22 | comments(5) | - |
花蓮一人旅*第一天
 

不思議な花蓮1人旅が今日からはじまりました。
ゆったりと、ボーッとする為の3泊4日。

空気と景色のいい所に行くのもいい。
しかし、無理に観光には行かないのもポイント。
疲れてたり、追われたりしては行けません。
とにかく一人に余る程ある時間。
気の向くままに、ご自由に、ある意味贅沢な旅。

“大阪→一日台湾→沖縄→一昨日台湾戻り”
と慌ただしくしていたのを切って
ぽこっとここにやってきたので、
出発前の10分でががっと準備しました。
思いついて鞄に入れたものは、

読もうと想っていたむかしの雑誌と
じっくり読みたかった本。

ランニングシューズとビーチサンダル。

私は、読書家ではありませんし、
ランナーでもありません。
話し相手がいないのでカフェに行って
一瞬で一冊熟読終了。
読みながら、別の脳みそが動いて他の事を考えていました。
主にモノごとへの反省。
こうゆうの久々でした、
むかしは一人でよく反省タイムがあったものです。
色々考えられる日、たまには必要だなー。

断食すると宿弁が出るのと一緒。
知り合いのいない所で、一人の時間を過ごすと
頭も心も空っぽになって
心のカスがボロリと取れる。

花蓮には、
いつもの旅で持ち歩かない量の本と
いろんな所を歩くための履物を持ってきましたけどね、
決めこんで、持ってこなかったのは化粧品。
明日から三日、軽くていい日になれ〜!







| 最近の私 | 23:37 | comments(5) | - |
知らないうちに、、。
 

台湾のお正月に台東に行った時のこと。
Sumingの部落の高校生が、「教科書に載ってるよ。」
と話しかけてきました。
台湾の高校一年生です。


なんと、第一課に青木由香が教材になっていました。


奇怪ね〜の本文を取り入れながら、
青木由香の台湾観察を教材にしている。


テキスト本文の後に、Yuka Aokiが何チャラかんチャラと
理解力を確認する問題にもなっている。

そう言えば、スゴーイむかしに3年くらい掛かるけど
教科書に載せていいかって連絡来ていました。

教科書の内容は、その後は普通の内容の読み物で
新しい学期の始まりにキャッチーなトイレの話とかを入れたんだと思います。
ありがとう、教科書作った人。
でも、おならのほうがキャッチーだと思いますよ。

そして、大阪17と18の詳細が分かりました!
遊びにきてください〜
お菓子もって行きますよ。

『台湾観光プロモーションin日本旅行Tis大阪支店』
期間:2012年2月13日(月)〜26日(日) 時間:(月〜土)10:30〜19:30、(日祝)10:30〜18:30 場所:日本旅行Tis大阪支店(大阪駅構内)

で、わたしがおしゃべりさせてもらうのは

時間:2012年2月17日(金)18:00〜19:00    2012年2月18日(土)17:00〜18:00

告知に使われている文章が、、、。

●特別イベント:青木由香トークション 日台とも知名度の高い台湾在住のナビゲーター青木由香さん(自称:LOVE台 湾日本代表)が本イベントのために特別来日し、期間中の2日間にお勧め最新 観光スポット、B級グルメ・台湾の人情について、気楽なトークをしながら、 台湾のお茶や駄菓子をご試食できるこの穏やかで和みの時間をぜひご一緒に過 ごしたいです。(入場無料)

うふふ。

ガンバリマす。
台湾観光局大阪のHPにのっているみたいです。
大勢の方が来てくださるといいです〜。
| 最近の私 | 09:02 | comments(23) | - |
2012新年快楽〜馬英九総統と対談
 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
さて、上の写真。
最近、馬英九総統にお会いしてきました。
去年の日本の地震への台湾からの熱いサポートに日本のみんなは感動しました
&台湾人最高〜と伝えラレタと思います。
治國週記という台湾の総統府でやっているいうHPの対談に招かれ
てのこと。もうすぐ総統選挙なので、多分選挙と関係の無い
ハッピー系外国人代表みたいなもんです。

短い対談でも流れ的な台本があったので、
その通りに話さなければ行けない空気を壊しに行くまで、
珍しく緊張してしまった。


で、最後にしっかり楽楽台湾というラジオのために
日本のみなさんにメッセージをもらってきました。


私が去る時、総統から
「局長(一人観光局局長のいみ)またね〜!」と。
これで、台湾政府認定の台湾一人観光局になったかも?
今年も突っ込みどころ満載の台湾で楽しく暮らします!
しぇしぇ。

| 最近の私 | 15:50 | comments(10) | - |
<< | 2/6PAGES | >>