お問合わせメール

執筆中・取材時に撮った楽しい映像を
今後こちらのサイトにて発表します!


ときどきメール送りま〜す
メールアドレス

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES

リンク用バナーですよろしくね
沁園(台北・プーアル茶・凍頂烏龍茶の専門店)
台北沁園の中国茶

CATEGORIES
<< すみません、久しぶりなのにめっちゃ宣伝です。 | main | 台湾無限大〜 >>
遠くにいると。


海外で暮らしていると一番気になるのが家族のことです。
4月に父にガンが末期で発覚し、8月に他界しました。
お店のオープン前後の時期でしたが
打つ手がないと言われていたのに
父は真面目に辛い治療を始めていました。
元気になって台湾にまた行くと言って。

私たちもちょくちょく日本に戻り孫を見せていましたが
7月末に日本に見舞いで帰国していたときに突然容態が急変。
私も最後を見送ることができました。
最後の数日は、普段は何事もきっちりしていないと嫌で
怒ってばかりいる父が妙に機嫌よく、
みんなにくだらない話をして笑わせて去って行きました。

実家から遠くに住んでいる人は
ほとんどが家族の最後を看取ることができないので
これだけが唯一不幸中の幸いでした。



実父の四十九日を早めに済まし、日本から戻ったその日に
今度は義父が突然の危篤。
24時間経たずに夫はまた日本に帰りましたが間に合いませんでした。 
長く難病を患っていた義父は、うちの父よりだいぶ若くまだ60前半。
医者のいうことを聞かずに好きなものを食べて、
周りを困らせてばかりいましたが、
かわいいやんちゃじいさんで病人なのに金髪モヒカン。
介護施設のお風呂に入れてくれるお姉さんのオッパイが
大きくなることを望んでいました。
その父の最後には間に合いませんでした。

生前の性格も対極にある二人の父。
最後もそれぞれの去り方でした。
台湾に住んでいて年間数える程しか会っておらず
日々の生活に追われて連絡もしない時期もありましたが
もう二度と会えないとなると寂しいです。
大人になってからは頼ることもなかったとはいえ
後ろ盾がなくなったような、ふわっとしちゃうというか
存在感は大きかったと実感しています。

帰れる人はちょこちょこ実家に帰ってください。

帰って親と喧嘩してもそれもいい思い出です。
うちは葬式の時にそんな話をして笑えました。

台湾人がすごい家族思いで実家にちょこちょこ帰るので
もっと早く見習えばよかったと今更、です。

みなさんsong for home*ですよ。
*写真家若木信吾氏のとった台湾先住民のドキュメンタリー

あ、ちなみに10/30この映画の主人公totemが沖縄に行きます。
実家のことばっかり語り歌うと思います。 読谷の平和記念コンサート


若木さんも10月に故郷のある浜松で大きな写真展をします。
この方も実家系。


そんなつもりはなかったのに宣伝になってしまった。
あいすいません。

これからは実家系が流行ると思いますよ。
とか勝手なことを言ってみる。

ブログ復活宣言から間が空きました。
すみません。
真面目にブログやります。














 
| 最近の私 | 10:03 | comments(4) | - |
コメント
いまウルウルしながら読みました。
そして色々と考えさせられました。
異国に暮らすって、仕事や未来のことだけでなく、
たくさんの覚悟を決めて生きて行くってことなんだなと
改めて思いました。
あおきさんもいれいさんもかっこいいと思います。
でもどっちのおじいちゃんも、あおきさんのご子息に会えてよかったですね。
天国でにっこり見守ってくれてますように。
| erinko | 2015/10/12 9:58 PM |
erinko さん
コメントありがとうございます。
会っておかないといけない人っていっぱいいますよね。
孫も数回しか会わせられなかったなぁ。
| あ | 2015/10/13 10:18 PM |
台湾映画『父後七日(父の初七日)』じゃないけど、親が亡くなった直後は実感がないけど、年月がたつほど寂しくなる。
旅先で、これお父さんが好きだったからお土産に、って思うんだけど、あ、必要ないんだ・・・って気づくと無性に寂しくなったりして。。。

※「実家系」いいですね〜台湾ってまさに「実家系」www
| はおめい | 2015/10/16 1:13 PM |
はおめいさま。
葬式って忙しくて、たくさんやることがあって
悲しみを噛みしめている暇がなかったです。
実感、後から湧くんだと思いますわたしも。
| あ | 2015/10/17 4:06 AM |
コメントする