お問合わせメール

執筆中・取材時に撮った楽しい映像を
今後こちらのサイトにて発表します!


ときどきメール送りま〜す
メールアドレス

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES

リンク用バナーですよろしくね
沁園(台北・プーアル茶・凍頂烏龍茶の専門店)
台北沁園の中国茶

CATEGORIES
<< 久しぶり*食養で食事 | main | レッツ★ゴー金瓜石*part2 >>
レッツ★ゴー金瓜石1*part1

ゴールデンうりストーン。
金瓜石=じんぐわしーと読み、地名です。
九份とセットで行ける
景色のいいお山です。
生まれて初めて行ったのは8年前。
ちょうど圓宵節のころです。
九份から歩いて行って、
ハイキングコースを本当の頂上まで制覇しました。
凄くくたくただったのに圓宵節のフライング灯籠に惹かれ
バスで瑞芳駅まで戻り、瑞芳から平渓まで電車で行って
灯籠が舞うのを見て、奇麗すぎて興奮し
もっとくたくたになりました。
そして
電車の殺人的ラッシュで帰れなくなる(あの世に行ってしまうの意味)
と思ったので、バスで台北動物園まで行ったら
MRTの終電がなくなっていたので、
地図も無く迷いながら
中山駅近くまでテクテク歩いて帰ってきました。
着いたら朝6時であったという、とっても歩き過ぎな日が
金瓜石の初体験でした。

さてさて、思い出話もコレくらいにして
とにかく食養から車に乗って汐止に戻りました。

そしたら、なんと。
台北から友達が来て瑞芳駅で合流という段取りなのですが
汐止駅は自強號とか、そういったスピーディーな電車がとまりません。
なので、ワタシは駅で40分ちかく待ちぼうけ。
汐止にいるワタシの方がすでに瑞芳に近い位置にいるのに
台北からの友人は自強號でアッちゅー間に着いてしまったのです。

スロー電車の愚図め!と文句ばっかり言ってもしょうがない。
いい所を見つけよう。
台湾の火車(電車)は、どんなに都会を走っていても
ローカル列車の演歌っぽい雰囲気がたっぷりです。
(そうそう、不便を楽しまなくっちゃ)



ほら、車掌さんが自分で鍵を差してドアを開けてる。
台湾の電車は、車両も駅もひなびた雰囲気が
冬に伊豆の方にでも自殺に行く小説の一節みたいで悪くない。


瑞芳でおりると、今どこ今どこと電話をかけてきた
待ちぼうけの台湾の友人、包子(バオヅ)が
「待っている間に美容院で頭洗ってた。」といって登場。
台湾人の時間の潰し方を一つ習いました。


瑞芳の駅でタクシーに乗る。全部メーターじゃないので
メーター使えと怒らぬように。
乗り場の看板に正規料金が書いてあるので心配ご無用。
今回は歩き疲れたり、肉体派な旅はすまいと、
優雅な民宿に泊まる旅として民宿を手配していた私たちは
とりあえず優雅にタクシーで宿へ直行!


おおおお〜。思ったよりいい!
見晴らしがよくってすっきり。
ラベンダー畑をやっている抂畫霓肯咾箸いΣ饉劼作った民宿です。
抂畫霓肯喙体は、めるしーな(青木用語、ファンシーよりアレなコト)
感じなのでワタシのカラーではなし。
でも、ココはめるしーっ気が抜けていてすっきりしたペンション。


イチイチ不思議なサービスがあって
先ずは、お部屋の名前を自分で決める。
ポエティックな名前がついているカードをくじ引きのように引くと
私たちが泊まっている間、そのお部屋はその名前になるんだそうだ。
其の他、おいしいウエルカムドリンクとクッキーでウエルカムされる。
ハーブ畑の会社経営とあって
お部屋で使うアメニティーの香りも自分で選べる。
ひとしきり係のお姉さんと会話して
民宿サイドが時間稼ぎをしている間に、
部屋の扉にはさっきの名前がはめ込まれ、
さっきのアメニティーが仕込まれているという段取りなのです。
それは、まるでマジックショーのようです。


お部屋にはベランダがある。


部屋からの景色。


宿は緩慢(スローリィー)という名前なので
スローライフを提案しています。
ということで部屋にはテレビはあるけどDVDを見る為の
モニターとしてしか使えません。
本やDVDやCDがいっぱいあって自由に見れるのです。


部屋には無印のCD聞く奴くっついてる。


部屋には、窓から見える山の景色を描けとイーゼルがくっついてる。


部屋には、下の売店で売っているテディーベアが寄り添っている。


ご飯タイムの始まりです。
先ずはプチトマトのはいった酢。ポッコリと夕焼けみたいで可愛いです。

食養であんだけ食べたけど、また食欲が湧いているワタシ。




まーーー。ココもまた量が多い。
基隆の海藻をいろんなタレで頂くとか(上から二個目)
地元の食材を使っていたりして
その料理の物語を語る語り部がいたり
イチイチレクリエーションサービスが満載。

その満載ぶりは以下に。

ティッシュ配りの小姐と戯れるリク。


自分で野菜を茹でる。茹でたて食べれるリク。


フライドガーリックを自分でゴリゴリするリク。



金瓜石は金が昔採れたのでデザートは金箔入り。

金箔が歯につかないか緊迫するリク。


チッちゃい金柑で鼻のフリして遊ぶリク。(民宿からの指導なし)

チッちゃい金柑でチクビのフリして遊ぶリク。(民宿からの指導なし)

全部で何品でたのかわからなくなるくらい食べて
ご飯の後にもレクリエーションがあるときいたけど
お腹がはち切れそうなので、レク不参加のつもりで
部屋に戻ってベットでひっくり返っていると
ばおづ(包子)がなんかみつけた。

        
    「あおき〜 人だかりができているぞ〜」

             明日に乞うご期待!



        緩慢・金瓜石
        台北縣瑞芳鎮金瓜石石山里山尖路91號
        (*きんうりいしイシヤマさとやまトンガリみち)
        でんわ02-2496-1111
| 台湾紹介 | 12:51 | comments(3) | - |
コメント
由香さん、こんばんは♪
明日に乞うご期待!なのですね〜♪
とても楽しみです!!!^^

台湾の特急のような電車に乗った時、席がなくて
ドアの部分に立っていたら、そこに来た男の子が
急に電車の入り口を開け(もちろん走行中です)、
タバコを吸う、外を見てまどろむ、、、という
事をやっていました。
あまりの衝撃で、今も覚えています。。。
さすが台湾です!!!
由香さんの写真を見て、その事を思い出しました。。
| lotta | 2010/08/11 9:10 PM |
ドア開けちゃうのはすごいですね!
でも開いちゃうドアの方がもっとすごい。
さすがだ!
| aokiyuka | 2010/08/12 11:00 AM |
一番満足な買い物、背中の肩の上でとても面白い、安くて、購入するに値する。
| ルイヴィトン財布 コピー | 2015/03/28 3:02 PM |
コメントする