お問合わせメール

執筆中・取材時に撮った楽しい映像を
今後こちらのサイトにて発表します!


ときどきメール送りま〜す
メールアドレス

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES

リンク用バナーですよろしくね
沁園(台北・プーアル茶・凍頂烏龍茶の専門店)
台北沁園の中国茶

CATEGORIES
台湾最大の日本人村@屏東

屏東といえば、台湾最南端の県にあるリゾートのイメージ。

ですが、久しぶりの更新は、本日は海やビキニ娘でない

屏東と言えばのコーヒーでもカカオでもまぐろでもない、

屏東の、タイトルの通り日本人村のお話しです。

 

屏東駅から徒歩15分のところに

台湾最大の日本統治時代の民家群が残っているってご存知ですか?

それも70棟も!ゴロゴロと。

日本統治時代の屏東には、『屏東飛行場』があって

そこで働く日本人が住んでいたという場所です。

ほら!日本人が住んでいた当時の地図です。

 

しかし、

台湾の人たちからは、眷村(ジュェンツゥン)と呼ばれている。

眷村とはなんぞや?

ドドーンと広がる日本人村だった、屏東の眷村。こんな風に残っているんです。

 

眷村とは、中国から蒋介石と一緒にやってきた

国民党の人たちが住みつき、生活した村です。

終戦で日本人が1945年に撤退し、

蒋介石が来たのは1949年。

ここでお話しする屏東のそこもそうであったように

日本人の住んでいたところに「ちょうどいい空き家がある!」と

そのまま住み始めた眷村って結構多いらしいです。

使われていたからこそ残っているんでしょう。

 

眷村は台湾各地に結構あり、廃墟と化しているところもあれば

今の台湾のレトロブームで、

楽しい場所に生まれ変わっているところもあります。

 

例えば、有名どころでいうと

台北のお台場的なエリアにボンと位置する四四南村。

信義区の公民館で、奥はカフェ&ショップの『好丘』が入っている。

台湾のお土産になりそうな食材をたくさん扱うので日本人観光客にも人気。

週末には『好丘』主催のクリエーターのフリマも開催されています。

 

そして、台北大学のお膝元、丘の上に広がる眷村で台北の寶藏巖。

まだすこし住人もいるところをアトリエにしたり、

カフェにしたたりという、

アートビレッヂ?的に若者がごにょごにょやっている場所。

(写真ナシです、、)

 

 

台中の彩虹眷村。

一人のおじいさんが描く、

カラフルなかわいい絵で有名になった場所。
 

この絵がネット上で話題になり、取り壊しから逃れた眷村。

愛嬌のあるタッチの絵で埋め尽くされた古い町は、台中切っての観光スポットに。

 

こんな感じに、眷村は台湾全土で盛り上がって来ているんですが、

 

では、その屏東は?というと、現在進行形。

地景藝術節という、いわゆる街角アート展をやっていて、

この地域を盛り上げて行こうとしている真っ只中。

政府のテコ入れでカフェがポツポツ入り始めていたり。

 

地景藝術節につられてなんとなく、町をプラプラ。

日本家屋のカフェ、大和咖啡館というのが有名みたい。

靴を脱いで上がるのが、日本人には嬉しい開放感。

驛前大和咖啡館

屏東市青島街96號  電話:08-7337922 11:30〜20:30 

 

畳に白く塗られた創作欄間、簾製の座椅子で和風テイストに。

 

このカフェは、屏東駅の近くに当時日本人の作った古いホテル

(その名も『大和』)も借り上げていて、

リノベして来年にはホテルをオープンするとか。

店にはホテルの当時の写真がか飾られていました。

 

地景藝術節は、来年2018年の2月28日までとなっていて、

場所は、屏東市勝利新村です。 

 

その様子を以下にチラリ。

 

台湾の外飯必須のプラ椅子をつかったオブジェ<近景>

<遠景>

 

この眷村の住所アート<近景>

<遠景>

 

眷村の家(というか台湾の昔の家)の中で使われていたものオブジェ?

家の中オブジェ?その2

 

こんな風にアートで盛り上げているところは、

塀があって、庭があっての家なので、

格の上の人の住居だったと思われるところ。

このテコ入れされている昔の高級エリアの一角から離れた

道路を越えたところにも日本人街跡があって、

中華風にアレンジの加わった日本人住居群の廃墟が

忽然と広がっていました。

 

手前にある小さいトンネルは防空壕。あちこちにアリます。

 

手前の眷村と対照的なマンションの森は、

眷村に住んでいた人たちが住み移ったマンション。

建物の老朽化に伴い公的に用意されたものです。

眷村には囲いもナシ。草などは綺麗に刈られていますが

これからどうするのか?あまりに古すぎてなすすべもなく

放置されているのでしょうか?

木に飲み込まれている廃屋。こちらの方がアートっぽい気が、、、。

 

国民党のアレンジメントが施されています。

 

こちらにもアレンジが。

 

「愛」アンド「國」のアレンジが。

 

日本家屋に風水的なアイディアの門?がつけられています。

 

近寄ると、ツタではなくクリスマス風びらびらに星シール。

 

もとの住人なのか、自転車でやって来て中でおしゃべり中

 

黄色いガムテープが2切れ、ぺたり。

 

よく見ると『日本時代の門柱です。壊さないでください。シェシェ。』

とメッセージ。私からもこれを書いた人にシェシェと言いたいです。

 

うん。

門柱ばかりでなく、何かここを上手く残す手はないものか。

周りは片付けられてるものの、雨ざらし。

デカい台風が来れば無くなります。

誰か、わざとらしくない、いい感じの手入れを!

できるのか、屏東縣!

 

勝利新村。

私もそうしていったのですが、

屏東駅から『勝利新村-地景藝術節』をキーワードにたどり着けます。

手を入れられているところと、この先どうなるの?というところの差に

生き物でもない建物に対して、なんだかシンミリしてしまいました。

グーグルで検索しても検索に引っかかりますよ。

 

屏東のこの辺りは高雄の先。

飛行機も新幹線も一気に近寄れる最寄りはないけど、

台湾南部の旅に加えてこの日本宿舎群の街を見に行きませんか?

 

 

 

 

| 台湾紹介 | 18:03 | comments(1) | - |
スモーヨーハンガーのできるところ

 

本で紹介している、巨大針金ハンガースモーヨーハンガーの取材に

世界初挑戦してきました。

本に書くので。

スモーヨーは、相撲用のことで

例の台湾人の日本語使いたがり魂で付けられたネーミング。

物干し場が狭い台湾の住宅抒情で生まれた

シーツやバスタオルを干すために使われているハンガー。

詳しくは<台湾の「いいもの」を持ち帰る>にあります。

 

あまりに私のなかで有名なものだったので

取材に行ったら

家族経営でやっている地味な手作業が多いことに驚きましたよ・

 

 

 

| 最近の私 | 01:47 | comments(0) | - |
台湾の「いいもの」を持ち帰る という本をだしました。

本を出した時しかブログを更新しないような、、

すみません。

子供が生まれてから自分の時間が少なすぎて

さらに世の中はTwitterとかInstagram、

台湾はFacebookが主流なんで

ついつい携帯でアップできる方に行ってしまう。

こちらも頑張らねば。

(たまに存在すら忘れている、、)

 

 

本のお話。

この本は、台湾に何度もきた人にも

何度もきてない人にも読んでもらいたいと思って書きました。

旅はいい景色を見たり何かを体験するのも当然ですが

美味しいものをたべるとか買い物が満足いかないと

どうも私の場合「つまらない」と思ってしまうのです。

なので、たべることの本はやりまくったので

今度は、目線を変えて物の本。

日頃から私が使い続けている台湾のもので

日本のものでは取って代われないものばかりを59点。

地味なものですが、コストパフォーマンスの良さは重要です。

あまりにも安いから貿易会社が輸入しないものを

だって、日本に輸入されていたら台湾にわざわざ来ない人もいるかもしれないから。

 

だから本には

・ハンガー

・市場の雑巾

・蒸されるもの用のツカミ補助器

・楊枝

・5元のろうそく

などなど

どうでもいいけど「台湾すげーぜ!」と言うものを載せました。

中には取材を受けたり

紙面で紹介されるの初めての会社もたくさんあって

取材依頼したら

「お金取るんですか?」と言われたことも。

広告費出せっていう営業だと思われたんです。

そんな本邦初公開のネタもたっぷり。

読んでくださいませ。

 

台湾の「いいもの」を持ち帰る 

 

| 最近の私 | 23:06 | comments(2) | - |
新しい本出ました!でも台湾じゃないの。


タイに旅行に行って考えたことを
感じたことを書きました。

台湾の旅を紹介していた私が
今度は旅人になってみたんです。

台湾以外でも
私って面白いかしらと
ずっと思っていたのです。
地味に。
ドキドキの挑戦。

一個のところにドスンとしていてはいけない?
台湾でやっていくにしても
今、自分がやっていることが正しいのか?
他にもっと新しい切り口はないのか?
客観的になるいいチャンスでした。

佐賀県嬉野の酒屋のおばちゃんに
ちょろちょろしてないで一箇所でじっくりやれば
儲かるよ。
と言われたけど、です。

台湾もそうですが、やっぱり親日の国は
私たちに日本を考えさせてくれます。
好きにならせてくれます。

みなさん、旅にでましょう!

5月27日講談社からでました。
幸せ大国タイ王国 読んでください〜







 
| 最近の私 | 01:41 | comments(2) | - |
おどろき。ブームの予感!


私、地味に
ほぼ日刊イトイ新聞で台湾のまどという連載をやらせてもらっています。
2週間に一度、アップしてるんですが
ほぼ日ってすごいなぁと。

先週
私勝手に認定の新名所「台湾のバイクの滝壺」を紹介しました。

それまでは、5年まえにもNHKのエルムンドで
「すごいでしょう?」
とレポートもしたし
2年前にも香川テレビでも紹介したし
自分のお散歩ツアーでも
私のラジオ楽楽台湾でも熱く語っても
わざわざ見にくる人皆無。
「し〜〜〜ん。」だったのに

今朝、
知り合いから以下の写真が送られてきました。



なんと、わざわざ系の日本人観光客がっ



カメラおじさんまで!


ほぼ日の担当者に言ったら、

「面白いことが好きなんです、うちの読者」
ですって。

もっと変なこと紹介しよう。
と心のそこから思いました。










 
| - | 18:37 | comments(2) | - |
| 1/58PAGES | >>