お問合わせメール

執筆中・取材時に撮った楽しい映像を
今後こちらのサイトにて発表します!


ときどきメール送りま〜す
メールアドレス

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
ARCHIVES

リンク用バナーですよろしくね
沁園(台北・プーアル茶・凍頂烏龍茶の専門店)
台北沁園の中国茶

CATEGORIES
新しい本出ました!でも台湾じゃないの。


タイに旅行に行って考えたことを
感じたことを書きました。

台湾の旅を紹介していた私が
今度は旅人になってみたんです。

台湾以外でも
私って面白いかしらと
ずっと思っていたのです。
地味に。
ドキドキの挑戦。

一個のところにドスンとしていてはいけない?
台湾でやっていくにしても
今、自分がやっていることが正しいのか?
他にもっと新しい切り口はないのか?
客観的になるいいチャンスでした。

佐賀県嬉野の酒屋のおばちゃんに
ちょろちょろしてないで一箇所でじっくりやれば
儲かるよ。
と言われたけど、です。

台湾もそうですが、やっぱり親日の国は
私たちに日本を考えさせてくれます。
好きにならせてくれます。

みなさん、旅にでましょう!

5月27日講談社からでました。
幸せ大国タイ王国 読んでください〜







 
| 最近の私 | 01:41 | comments(0) | - |
おどろき。ブームの予感!


私、地味に
ほぼ日刊イトイ新聞で台湾のまどという連載をやらせてもらっています。
2週間に一度、アップしてるんですが
ほぼ日ってすごいなぁと。

先週
私勝手に認定の新名所「台湾のバイクの滝壺」を紹介しました。

それまでは、5年まえにもNHKのエルムンドで
「すごいでしょう?」
とレポートもしたし
2年前にも香川テレビでも紹介したし
自分のお散歩ツアーでも
私のラジオ楽楽台湾でも熱く語っても
わざわざ見にくる人皆無。
「し〜〜〜ん。」だったのに

今朝、
知り合いから以下の写真が送られてきました。



なんと、わざわざ系の日本人観光客がっ



カメラおじさんまで!


ほぼ日の担当者に言ったら、

「面白いことが好きなんです、うちの読者」
ですって。

もっと変なこと紹介しよう。
と心のそこから思いました。










 
| - | 18:37 | comments(2) | - |
布かぶり。


またいた。
前も淡水線にいたんです。
同じ人かどうかは、顔が見えないんで未確認。
ジョーズ感のある写真でお楽しみください・



前回は台湾のバイクに使う布マスクで顔を隠していました。



集中したい時に使えます。

 
| 台湾小話 | 08:29 | comments(2) | - |
大同電鍋


最近は日本に帰るたびに電鍋DJをしています。
南は鹿児島から東京まで。
電鍋で料理を作りながら講演会をしていたら
その姿を見た知人が電鍋DJと名付けたんですが
代官山蔦屋書店でをDJをしたときに
大同ジャパンの副社長に声をかけられました。
そんなことで
大同ジャパンで電鍋購入者にもれなく付いてくる
レシピ本をチームで作らせていただきました。
私は料理家ではないので
私の友達の山田英季(ひですえ)料理人に
料理を担当してもらいました。
上がその小冊子。
電鍋を大同ジャパンで買わないともらえない。
でも、リーフレットはどこかで配られるはず。
詳しくは大同ジャパンにおたづねください。

私がどれだけ電鍋が好きかというと
こんな感じ↓

やりすぎて電気飛びました.
カタカタいって可愛かったです。
前列両脇は新色のゴールドです。





 
| 最近の私 | 00:52 | comments(4) | - |
アサツキの購入先


台湾では、アサツキが存在するのに売ってる場所が
少なくて困ります。
太い葱は、高級スーパーで日本からの輸入ものが
売ってるんですが、この細い葱がない。
週末に、どっかの地域の農協の幸せな感じの市が
公園なんかに立っていると、みつかりやすいのですが
今日の夕ご飯に使いたいとなると、
寝室鬼没の幸せな感じの市では困る。

写真は幸せな感じの市場のものです。

台湾では、この葱は原住民がむしゃむしゃ食べています。
自宅の豚を締めて、喜びの宴の時に
この葱とパクチーだけをザクザクに切って
大皿に盛って醤油をかけて食べていました。
台湾でアサツキを初めて見たのはそれが初めて。

細くて綺麗で、「えー、これどこで売ってんの?」
と聞いたら、「その辺に生えてる」と答えられました。
毎回、どこで生えてるのか聞いて「その辺の草」的な扱い。
軽くあしらわれ会話にならず。

どうやら自生しているわけじゃなく
うっすらした管理の元にその辺で生やしているみたい。
買うもんじゃないらしいんです。

でも、しばらくして、
都会の原住民が売っているのを発見しました。
台北から近い温泉街。烏来(ウーライ)。
MRT新店駅からバスで山に入ると
温泉と原住民の里を売りにした演歌っぽい街があって
そこで、観光客相手に原住民料理を出している店の店先に
ザルモリで山になって50元で売っていました。

これも今晩のおかずにパラリと使いたいと思っても
山までは行かれない。

市内のスカしたスーパーで
日本から運ばれたものもたまに売ってるけど
台湾産があるのになぜ高いのを買わねばならない。

そう思っていたら、うちの近所の士東市場にありました。
毎日やっていて、毎日売っています。
士東市場に近くない人は、南門市場に売ってるかもしれません。
士東市場と南門市場は、台湾市場界ではスカした方です。
でも、烏来まで行くよりは交通費を考えると安い。

ちょっと前に、友達がフェイスブックで
アサツキどこで買える?と急いでいたので
ここに記す・

士東市場 台北市士東路100號




 
| 台湾小話 | 05:41 | comments(2) | - |
| 1/58PAGES | >>